スポンサードリンク


企業・会社経営、リーダーシップ、マネジメント、コーチング

企業経営・会社経営、リーダーシップ、マネジメント



与えられるだけの教育で、「支持待ち病」などという言葉も

できるくらいの現代ですが、「自分で思考し、自分で行動する」

自立した人材が求められています。

支持は、既に答えでありますます支持待ちになってしまいます。

これを、「問いかけ」という形でコミュニケーションをすれば

次第に、自分で考え、行動出来る人へ育成できるでしょう。


しかし、会社が伸びている時はいいですが、伸び悩むように

なると、上司のことを不安に思うことでしょう。

また、部下のことを見極める洞察力がなければ、適切な

アドバイスも出来ず、コミュニケーションもままならない。

技術的なことに遅れを取ってしまう上司では、尊敬もされなく

なってしまいます。


いわゆるコーチングが出来ないのです。

よりよいコーチングは今や企業経営、会社経営には必須です。

リーダーシップを取ること、コーチングすることで、重要なことは、

コミュニケーションの技術を身につけることです。


それには、言葉や単語の知識が重要です。

自身の体験に基づいたものなら、より良いのですが、

人の倍の時間を生きることは出来ませんから、

ある程度は、先人、先輩方のの知恵や、行動から勉強するしか

ありません。


これからの企業経営、会社経営にとって

今までの経験を部下に伝えるだけのものから

部下の持っているいいものを引き出すマネジメントスタイルが

必要になってきます。


そのためには、どれが本物であるか、どんなことにも動じない

確固とした、裏づけが必要です。


先人の知恵、金言、名言を咀嚼して、自分の物にすれば

より良いリーダーシップ、マネジメント、コーチングにより

強い企業経営、会社経営が出来るでしょう。


少しでも、そのお役に立てればと思っております。



就職する、就職間近、就職した人へ

現代は、自分で考え、自分で行動する、自立した

人材を求められています。

社会に出たことのない人にとっては未知の世界かも

知れません。

経験がありませんから、仕方がありませんが、

心構えは、できていなければいけません。


上司とのコミュニケーションが大事になってきます。

始めのうちは、ただ、支持を仰ぐことからですが、

次第に自分の意見も発表することも求められてきます。

そんな人材を企業は求めているのです。



もちろん、企業においても、個性を重視しながら

コミュニケーションを深め、個々の個性に合ったコーチングによる

人材育成に取り組むことは、企業経営、会社経営を強くする上で必須項目です。




具体的な仕事内容は、それぞれ違っていても

基本的なことが確立されていれば、付和雷同することなく

自分の考えを言えるようになるでしょう。

成績が上がれば、企業も潤う、企業が潤えば、個人も

潤う。

そんな企業経営図式を理想としてみませんか?

企業経営戦略から個人の自己啓発、癒しまで



先達の金言、名言から教えを請うことをして見ませんか。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。