スポンサードリンク


坂村眞民:仏教詩人「念ずれば花開く」

坂村眞民(さかむら しんみん、1909年1月6日 - 2006年12月11日)
仏教詩人
熊本県荒尾市出身。熊本県立玉名中学校を経て、神宮皇學館卒業。
愛媛県砥部町に「たんぽぽ堂」と称する居を構え、
毎朝1時に起床し、近くの重信川で未明の中祈りをささげるのが日課であった。
詩は解りやすい物が多く、小学生から財界人にまで愛された。
特に「念ずれば花ひらく」は多くの人に共感を呼び、
その詩碑は全国、さらに外国にまで建てられている。
森信三が早くからその才覚を見抜き後世まで残る逸材と評した。
愛媛県伊予郡砥部町に「坂村眞民記念館」がある。
森信三:1896年(明治29年)9月23日 - 1992年(平成4年)11月21日)は、
日本の哲学者・教育者。

月刊誌「致知」より
眞民先生直筆の短歌

06121602.DSCF1455-1.jpg


短歌
【念ずれば 花ひらくとう 真言を
  この世に残し 飛天とならむ】 眞民

【天地の 深き不思議よ 大鷲と
  大亀現れ 眞民となる】    眞民

【無の祈り 空の祈りに身を捧げ
  残る命を 守らせ給え】    眞民
タグ:坂村眞民
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。