スポンサードリンク


経営学、企業が守るもの


企業経営者や管理職、はたまた教師や政治家まで

一時「孫子の兵法」が大流行したことがある。

企業経営、会社経営、教育現場で選挙や国政に大いに

役立てたことでしょう????


中国戦国時代に「国の宝物として何を持っているか」という会話で

持っていないと答えた王に対し、別の王が誇らしげに珠玉の自慢をした。

持っていないと答えた王は、珠玉は無いが、数々の優秀な家臣たちの

話をすると、誇らしげに笑みを浮かべていた王は赤面してしまったと言う。



企業においても同じことで、企業の宝とは資産の大きさではない。

いかに優秀な人材を持っているか、また人材を育てているかであろう。

また、人材育成のための環境作りにどのように力を注いでいるかが

大切なのではないだろうか。

術に頼るわけではないが、リーダーシップセミナーやコミュニケーション術、

コーチング術、セミナーも一つの投資ではないかと思う。

企業にとって人材こそが宝であり、守らなければならないもの。


物を玩(もてあそ)べば、志を失いかねない。



| 本物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。