スポンサードリンク


衣食足りて礼節を知る

人間の欲というものは、諸刃の剣。

限が無い、果てしない、留まる所を知らない
人間の“欲”

欲が無ければ、自分を大きくすることも
できませんし、会社でも成長することも
できません。

しかし、この欲が底知れぬからこそ
引き起こす事故、事件もあります。

「衣食足りて礼節を知る」
倉廩 ( そうりん ) 実ちて 則 ( すなわ ) ち
礼節を知り、
衣食足りて則ち 栄辱 ( えいじょく ) を知る。

人は、穀物がいっぱいになると、礼儀や道徳に関心を持ち、
わきまえるようになり、衣食が十分に足りて
生活が安定し、余裕が出てくると
名誉、恥辱をわきまえ、重んじるようになる。


「吾、唯、足ることを知る」
という言葉もある。

足ることを知らないのである。
欲深いのだ。
もう、十分であるのに、それ以上を望む。
貪欲に仕事をして、より良い生活を望むのが
悪いことではないが、礼節を知らぬ欲望は
概ね、社会正義を逸脱する。
それに留まらず、罪を犯してまで
穀物を蓄えようとする。

そんな風潮の輩、企業も増えていることが
悲しい。

恥を知り潔くあること。
礼節を弁えて謙虚であること。
社会正義に対して、自己犠牲を厭わぬ心構えを持つこと。
・・・・・これらを紳士の条件と言うならば、
日本には、紳士と呼べる人が少なくなりつつあると
イエローハット相談役の鍵山秀三郎氏は嘆く。


欲と同じ量の礼節を持つべきだと思う。
自分自身への欲から、他人への欲に
移行するべきなのであろう。
使い方によっては、社会を蝕む毒にもなり
他人(ひと)を幸せに導く光にもなるのです。
まさに、諸刃の剣です。

瀬戸内寂聴師は、
「盲己利他:もうこりた」と啓蒙していらっしゃる。
己のことには目を瞑り、他人の利益を
望むべし。

子供たちは、大人の紳士とは言いがたい
行動を、否応無く見せられているのです。
| 故事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。